8b83250f1b194c8fa189542cd3866d5c



米国は、中国によるシリコンバレー企業への投資について、安全保障上脅威とみなされる技術の流出を防ぐため規制を強化する構えだ。

特に懸念されるのはAI(人工知能)や機械学習も分野で、近年中国の投資が増加している。

米国で開発された先進技術が中国により軍事転用されたり、戦略的分野とされるこの分野で米国が劣後するのではないかという懸念だ。

米政府は、安全保障に関わる米企業に対する外国投資を審査する対米外国投資委員会(CFIUS)の役割を強化しようとしている。

国防総省の未発表のレポートでは、中国はCFIUSの審査対象外となるような方法で先進技術へ手を伸ばしていると警告している。
たとえば、合弁企業や、少数株の保有、アーリーステージのスタートアップへの投資などの方法だ。

マティス国防長官も、上院広聴会でCFIUSを「時代遅れ」だとし、「現在の状況に応じてアップデートする必要がある」と述べた。

中国は、海外企業の買収などを通じて人工知能の分野におけるメジャープレイヤーになろうとしていることを隠していない。
中国のサーチエンジン大手「百度」は中国の国家発展改革委員会とAIの研究所を設立した。百度は、ロボットやVRの視覚センサを開発する米企業の「xPerception」を買収することで合意した。





英国人のコメント




・英国人 ↑2 ↓0
中国の奴らは抗議文を送るのか?




・英国人 ↑3 ↓0
最後は金がものを言う。だから中国はアメリカとか他国の債券を保有してるんだ。アメリカのメディア・映画会社を支配して、プロパガンダを垂れ流してる。不動産を買い占めたた今、次はAIを狙っているに違いない。




・英国人 ↑12 ↓0
アメリカでさえ買収の規制を強化してるのに、イギリスは誰にでも産業を売り渡し、中国企業が原発とか高速鉄道を作るのを許してる。




・英国人 ↑8 ↓4
全く意味がない。どうせアメリカの大学は中国人教授や研究者だらけ!




・英国人 ↑2 ↓0
AIはどんどん発達して正確な画像認識ができるようになってきてるね。自分もプログラミングを勉強して理解したい。